<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秋季大会地区予選組み合わせ | main | OBチーム立川高OBに快勝 >>
思わぬ展開
秋季県大会東部地区予選

 杉戸農高 002 220 000 6
 越谷北高 011 100 020 5

7日の秋季県大会東部地区予選、対杉戸農戦は思わぬ展開となり5−6で初戦を突破する事が出来なかった。2回裏に2本のヒットで1点を先行し幸先のよいスタートであったが、3回表すぐにエラーとヒットにより2失点の逆転を許す。続く4回も2失点、5回もヒットにエラーが絡み2失点。完全に浮足立ってしまった。


北高も小刻みに反撃するが完全に試合は相手ペースで進んだ。しかし北高2番手投手が持ち味を発揮し、守りのリズムが出てくると反撃に転じ、8回裏4本のヒットを集め2点を奪い1点差に迫るも、期待された9回の攻撃は3人で抑えられゲームセットとなった。


 相手の10安打を上回る13安打を放つも非常に悔しい結果に終わってしまった。何より序盤先発H投手ストライクを取りに行ったストレートが甘くなり狙いうたれた感じがする。新人戦の鷲宮戦と比較し変化球のキレもそしてストレートの走りもう一つのようで非常に苦しい投球となってしまった。本人も悔しいと思うが完全に自分を見失っていたようだ。バントの処理やフィルディングもきちんと出来ていればもっと失点は防げたはず。経験を積んで次回に期待したい。

 
 ここ数年北高の野球を見ていて感じる事は、スマートな野球をやろうとしているように見えてならない。勝ちたいのは誰でもが思う事。私見ではではあるが勝ちたいと思うより、負けないという気持ちを持ってみたらどうだろうか。何が何でも負けない。それはどんな形であれアウトを取る。どんな形であれ塁に出る。泥臭い野球で粘る、そういう気持ちも必要と思うが・・・おそらくチーム力とすれば北高の方が勝っているだろう。しかし杉戸農の方が伸び伸びと野球をしていたように見えてならない。違いはそんなところにあるのかも・・・気持ちを切り替えて11月の市内大会はいい形で来年につなぐため優勝を狙ってもらいたい。


 試合があった午後北高脇を通ると、試合後ではあるが何人かがグラウンドで練習をしていた。悔しさを忘れずその気持ちを持ち続ければ必ず結果はついてくる。
COMMENT









Trackback URL
http://blog.koshikita-bc-ob.com/trackback/511
TRACKBACK