<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 激励会 | main | 間もなく開幕 >>
記念樹
今年埼玉県高校野球連盟OB連盟が10周年を迎える。それを記念して本日県営大宮公園球場正面近くに記念樹としてバットの原木アオダモの苗木を植樹した。9日にはここで現役の第98回全国高校野球選手権埼玉大会が開幕する。現役の諸君にも是非記念樹を見てもらいたい。


 植樹後野沢OB連盟会長と記念撮影


 平成元年ベスト8への道3

平成元年北高野球部は緊張する夏の大会初戦を快勝で突破し2回戦へと駒を進めた。2回戦の相手は北部の雄深谷商業であった。古くからの高校野球ファンは知っていると思うが、埼玉の北部では熊谷商業が甲子園の常連であり、その熊商の牙城を竹内投手(後にプロ野球大洋で活躍)を擁して破り甲子園に出場経験もある学校だ。

 7月19日大宮市営球場で行われたこの試合、初回トップの主将I永の3塁打で口火を切り、続くI崎3塁打T中の2塁打で鮮やかに先制攻撃。2点を奪うと2回を除いて各イニング1点づつ加点し、7−0と7回コールドで1回戦に続き快勝し順調に3回戦進出を果たした。



 心配された投手陣もU田投手のコーナーを突き打たせて取る丁寧なピッチングで、1回戦2回戦と順調に滑り出した。チームも春先のことを思うとそれぞれが自分の持ち味を発揮し特に攻撃面で打線として、チームとしてまとまってきたように思えたことを思い出す。byカイチョウ快調

 特筆すべきはI崎君のバッティング、1回戦からこの試合で7連続安打を記録した。これはすごいぞ!!

 つづく

COMMENT









Trackback URL
http://blog.koshikita-bc-ob.com/trackback/684
TRACKBACK